女性は長いまつげに憧れる人が多いため、つけまつげを利用する、長く見せるためのメイクを工夫する人も多いことでしょう。
まつ毛が長いと、目元がくっきりとする、可愛く見えるなどからも長いまつげに憧れを抱く女性が多いわけです。
毛髪と同じくまつ毛にも育毛剤があれば良いと感じる人も多いかと思われますが、ルミガンやケアプロストと呼ぶ、まつ毛育毛剤があるのをご存知でしょうか。

まつ毛育毛剤の中でも、主成分がビマトプロストのケアプロストやルミガンはまつ毛が伸びる効果を期待出来るなどからも注目を集めています。
ビマトプロストは、緑内障や高眼圧症の治療薬として利用が行われているもので、主な副作用の一つに、まつ毛が伸びる作用があると言われています。
ビマトプロストを主成分にしているのが、ルミガンとケアプロストです。

ルミガンは先発医薬品で、後から開発が行われたジェネリック医薬品がケアプロストになります。
どちらも、0.03%のビマトプロスト含有量になります。
ルミガンやケアプロストは眼圧を下げる目薬で、緑内障や高眼圧症の治療に用いるもので、処方箋治療薬などからも、ドラッグストアなど市販が行われていません。

病院で処方を受けることも可能ですが、通販店を使えば格安で購入が出来ます。
特にジェネリック医薬品のケアプロストはルミガンよりも安いという利点を持ちます。
通販店を使う場合には、個人輸入を行っているお店を選ぶ必要がありますが、お店を選ぶ時には口コミを使って信頼出来る通販店を使うようにしましょう。

但し、通販店を使う時には、医薬品の副作用にはどのようなものがあるのかを把握しておくことが大切です。
元々は緑内障や高眼圧症の治療薬として開発が行われたもので、まつ毛育毛剤は副作用から生まれた産物で、これは多毛化と呼ぶ副作用によるものです。
他にも、まぶたや虹彩に色素沈着を生じるケースもあるなど、気になる作用が現れた時には直ちに使用を中止すること、専門医に相談をするなどが大切です。

ルミガンのジェネリックまつ毛育毛剤「ケアプロスト」

ケアプロストは個人輸入代行を行っている通販薬局で購入可能なルミガンのジェネリック医薬品で、まつ毛育毛剤としての利用も出来ます。
どちらも主成分はビマトプロスト、含有量は0.03%、どちらも同じ効果を期待することが出来ます。

ジェネリック医薬品は特許が切れた医薬品を別の製薬会社が有効成分を利用して製造販売を行っているもので、製造工程の違いや添加物の違いなどがあります。
先発医薬品をより使いやすくするなどの工夫が行われているのもジェネリック医薬品の特徴と言えましょう。
値段は先発医薬品の方が高額、ジェネリック医薬品の方が安価などからも、ジェネリックを選ぶ人も多くなっています。

ちなみに、通販店での価格相場はルミガンが1本当たり2980円、ケアプロストは1880円と言われています。
差額は1100円になりますが、お店の中にはまとめ買いが出来、3本や5本まとめて購入した場合、割引価格が適用されるなど、お得な買い物が出来る通販サイトもあります。

尚、ルミガンはまつ毛を長くする、濃くする医薬品として、2008年12月にアメリカの食品医薬品局で正式に承認が行われたもので、翌年の2009年の1月に発売が行われ、同時に人気を集めているものです。
日本国内でも、まつ毛育毛剤などで注目が集まっており、16週間塗布した臨床研究の中では約8割の人が効果を感じられたなどの報告が行われています。
この報告の中では、長さが125%伸びた、密度は106%高くなった、まつ毛の色の濃さは118%濃くなったなどの報告が行われています。

副作用の中には色素沈着が起きることがあると言われていますが、使用する時には目の中に入らないにするなどの注意点があります。
情報サイトを使うなどして正しい使い方を学んでおくことも大切です。